MENU

なぜ、いろいろなしつけ法を試してもうまくいかないの?

 

 

なぜ、いろいろなしつけ法を試して、愛犬をお利口さんにするために
努力してきたのにどれもうまくいかないのでしょうか?

 

それは、

 

 

「犬の習性と本質を理解していないから」

 

 

この本質的な部分を理解しようとせず、
叱ったり、おやつをあげたりしてしつけをしようとします。

 

こんなことをやっても、その場はお利口さんになっても、
すぐにまた問題行動を起こすようになります。

 

 

あなたが、私の話を聞いているということは、
少なからず身に覚えがあるということですよね。

 

だったら、この機会に、

 

 

「愛犬と豊かな暮らしをするために、
真剣に愛犬と向き合うことを宣言してください!」

 

 

もし、とちゃんと「はい」
答えられたなら先に読み進めてください。

 

そして、「答え」を見つけてください。

 

 

そんな自信がないのであれば、
このままページを閉じて元の生活に戻ってください。

 

じゃないと、あなたの大事な時間を
奪うことになってしまうので…

 

 

あなたが愛犬のしつけにうまくいってない理由は?

 

 

心の準備はいいですか?

 

では、まず、どうしてあなたのしつけが、
今までうまくいかなかった理由をお話しします。

 

 

それは、「叱る」「褒める」というしつけは、
その場しのぎでしかないということです。

 

あなたも愛犬を叱ったりしたことがあると思いますが、
確かに問題行動が止まったり、しばらく大人しくなったりしたはずです。

 

逆に、ほめることで教えた動作を愛犬が得意げにするようになって、
ほめることを理解していると思ったかもしれません。

 

 

ただ、犬の脳というのは、人間のように思考が発達してないため、
なぜ叱られたのか、なぜ褒められたのかが理解できていません。

 

叱るという行為は、愛犬に対して危険というマイナスのストレスを与え、
ほめるという行為は、犬の感情を急激に高ぶらせ自我を助長することになります。

 

 

この間違った理解のせいで、あなたの愛犬は
余計に手に負えない犬に育ってしまうのです。

 

なので、さっきも言ったように、これは本質的な解決になっていません。

 

では、どうすればいいのでしょうか?

 

 

 

あなたが愛犬と豊かな暮らしをするためのしつけ法?

 

 

あなたが愛犬と豊かな暮らしを送るために
必要なことはたったひとつです。

 

 

それは、

 

 

「主従関係を築くこと」

 

 

これだけです。

 

愛犬と深い信頼関係を築き、従順な心を育めば、
今の愛犬の問題行動はほとんど直すことができます。

 

主従関係を築くためには、
そこに「もの」を挟んではいけないのです。

 

 

おやつでしつけをしたり、ボール遊びでのしつけは、
犬の狩猟性の本能を助長してしまいますし、

 

甘噛みや飛びつきを放っておくと、
これも犬の支配性の本能を助長してしまいます。

 

 

たとえば、あなたが愛犬と遊ぶために、
ボールを遠くに投げたとします。

 

犬は興奮してボールを追いかけますが、
ちゃんとボールをあなたの手元に持って帰ってきますか?

 

 

もし、ちゃんと手元に持って帰ってくるなら、
そこにはあなたに対して服従性の心理が働いています。

 

でも、あなたがおやつをちらつかせたり、
他のボールを見せたりしないと戻ってこないなら、

 

そこに主従関係はなく、ただそこには、
犬の狩猟性の本能が働いているだけなのです。

 

 

なので、あなたが愛犬にするしつけというのは、
深い信頼関係を築き、服従性豊かな心理を育んでいくことが大事なんです。

 

 

「じゃあ、どうやってそのしつけをするのか?」

 

 

という実践的な話になりますが、その答えはここにあります。

 

 

 

その答えが「森田誠のしつけ法」にあります!

 

テレビチャンピオンで優勝した森田誠さんのマニュアルは、
すでに3万人のかたが購入し支持されているしつけ法です。

 

今までお話ししてきた、
全ての答えがこのマニュアルに詰まっています。

 

 

 

 

【犬の本質や心理】

  • 犬をしつけるということはどういうこと?
  • 犬が理解できる正しいしつけ方
  • 犬を育てるための「三大原則」
  • 犬が飼い主より上の地位についてしまうわけ

 

【実践編】

  • 【ステップ1】人の愛情に従えるベースを築く
  • 【ステップ2】ねばりのある○○の使い方
  • 【ステップ3】お部屋の環境での主従関係を築く

 

 

 

もちろん、これが全てではなく
マニュアルのほんの一部を抜粋しました。

 

○○は著作権にふれそうなので隠させてくださいね。

 

 

正直、私も最初は怪しいと感じていましたが、
この内容の濃さにとても驚きました。

 

マニュアルは160ページぐらいになるので、
もう何度も読み返していますが、

 

その度に、黄色の蛍光ペンで線を引いたり、
ページの角を折ったりして勉強しています。

 

 

 

 

ただ、ちょっと文字だけでは、
どうやっていいかわかりづらいところがあるんですよね。

 

そういうときは、DVDを活用してください。

 

 

このマニュアルを購入するときに、
特典としてDVDを2枚選ぶことができます。

 

大型犬、中型犬、小型犬など犬種ごとに用意されているしつけ法や、
愛犬との遊び方、トイレのしつけ、無駄吠えや飛びつきのしつけ、

 

このように、あなたのしつけの悩みを
動画で解説してくれています。

 

ちなみに、私が選んだのは、
「ボール遊びのしつけ」と「中型犬のビーグル」にしました。

 

 

 

 

私が飼っている犬はビーグルで、
問題行動ばかりで困っていましたが、

 

今では、

 

 

「ちゃんとボールを持って帰ってこれるようになりました!」

 

 

もちろん、完璧ではありませんが、
昔と比べると明らかに違いがわかります。

 

今、このしつけ法を実践して数ヶ月ですが、
あと少しでリードなしで散歩もできるんじゃないか、というところまできました。

 

 

ここまで真剣に取り組むことができたのも、
このマニュアルに書いてあったこの言葉を見たからです。

 

 

「犬をしつけるということと人間の子供をしつけるということは家族の一員、社会の一員という角度からとらえれば全く同じです。かわいそうだからと社会のルールを知らず、守れず、わがままに育ってしまってはうまく人間社会に適応することもできず、結局、結果的にはその子が大きなストレスを抱え、生活し、一生を終えることになります。」

 

 

 

この言葉を見て、私は思い出したことがあるんです。

 

 

実家のとなりで飼われていた「ラッキー」という名の犬です。

 

駐車場でリードにつながれ、やっと散歩に連れて行ってもらえたと思えば、
リードをグングン引っ張り、終いにはストレスで駐車場の中をグルグル回っていました。

 

そして、久しぶりに実家に帰ったときには、
すでに亡くなっていました。

 

 

そのとき、私が犬を飼うときには、
絶対にこんな風にはしないんだと胸に誓ったのを覚えています。

 

このマニュアルに出会えていなかったら、
となりのラッキーと同じことになっていたかもしれません。

 

 

「あなたが犬を飼いはじめた理由はなんですか?」

 

 

せっかくの縁で出会えた愛犬なんですから、
この機会に今すぐ取り組んでみてはどうでしょうか?

 

このマニュアルはきっとあなたの助けになるはずですよ。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ